夏場のバテ防止対策について意識してること

7月を迎え一段と暑さが増してきた今日この頃です。夏が本格的になると体力面でも厳しくなってきます。夏バテに備えて夏バテを防ぐ為の食事などもありますが、私は2つの事を意識しています。まずは、早寝早起きです。体力を失わない為にもいつも以上に気をつける様にしています。また、夏の朝はとても気持ち良いので朝の気持ち良い時間を有意義に使おうと考えています。いつもより1時間早く起きて、ウォーキングして心地よい夏の朝の風を感じています。適度に汗をかいて朝のお風呂に入るのも気持ちよくてやみつきになります。もう1つはあまりクーラーなどの冷房を使用しないということです。夏は確かに暑いですが、冷房が効き過ぎている部屋に長時間いると外出した際に体がだるくなってしまいます。ですから、極力クーラーは控え扇風機で我慢しています。夏場は体調管理が難しく辛い季節ですが、体調管理を1番に考えて夏に負けない体を作っていこうと考えています。

秋って罪な季節よね(いや、私の意志の弱さが諸悪の根源です…)

秋分の日を過ぎ、昔の方々が「暑さ寒さも彼岸まで」とおっしゃった通り、随分と朝夕の過ごしやすい季節になりました。
スーパーマーケットでも葡萄や梨といった秋の果物が続々と売り出され、まさに「食欲の秋」の到来ですね。かくいう私も、真夏の炎天下の中、子供の公園遊びに連日付き合わされた疲れを身体が本能レベルでリカバーしようとしているのか(…と言っても、この夏は1グラムたりとも体重は減少しておりませんが)、随分と早くから食欲の秋真っ最中です。
どうして秋って先ほど取り上げた果物は勿論、松茸…の買えない我が家は特売キノコを加えた炊き込みご飯、栗ご飯といったご飯ものや、モンブランやスイートポテト等の旬の果物を使ったスイーツといった、いかにも糖質バンザイ!な美味しいものが目白押しなんでしょうね…
まあ、適度に身体にお肉が付いている方が病気にかかりにくい、という説もあるし(いや、私の場合はその「適度」の範囲をとっくに超えてしまっているんですけどね…)、と今日も自分を甘やかし、子供が見ていない隙に「期間限定」と書かれたお菓子の袋をこっそり買い物カゴに投入するのです。(そして、子供が寝た後、私の胃袋へと消えて行くのでしょう…)http://www.fndg.co/aiful/aiful-oyabare.html