運が向いてない、金回りが悪いと感じたら私がしていること。

誰でも運がない、金回りが悪くなったなどと思うことは必ずあると思います。特に金運がないと思った際は、不安に襲われたり、イライラして怒りっぽくなったりすると思います。私も以前まで、そうでした。イライラしたり、不安になっているとますます運が悪くなると本で読んだため、気丈に振る舞う、表情にも出さないことを実行していましたが、この結論は受け身なんです。自分の中で不安を解消する、もみ消すだけの行為で運を上昇させるか不明です。来るべき運を待つという姿勢なのです。このスタンスだと、悪い事が群れをなして自分を襲った時に潰れてしまいます。そこで、アクティブに運を引きよせる方法ってないのかなと考えたところ、「逆をやれば良い」という結論に達しました。金回りが悪くなると、財布の紐が固くなります。ケチになります。これを自分自身の生活だけにケチになって、気持ちくらいのお金で人に与えることをワザとやってみるのです。本気でお金がない際は、貯金箱の小銭でお土産を親に買って行く程度で良いのです。この発想は、人生どん底になってしまった場合、起死回生の大逆転を起こさない限り沈んだまま浮上しません。金運が下がった時にも逆転を起こさなければ、上がってこないのでは?と考えたのです。苦しい際に、それをおくびにも出さず、大事にしたい人に何かしらのプレゼントをする、逆転の発想が私流の積極的運勢引き寄せです。