ヘルマン・ヘッセの「デミアン」を読んだ太陽から何かが変わった。

学生時代のことです。ある日周辺がこれを読んでみてほしいって一冊の文庫本を引き取りました。「デミアン ヘルマン・ヘッセ」の文字が薄く印刷してありました。ぼくはきちんと読物を掴む顧客ではありませんでしたが、友人の顔から大事にしている読物ですなと感じたのでした。夜更け更かしばっかりやるぼくですから深夜の本読みだ。さっそく帰宅した夜それを読み始めました。更に引き込まれていきました。主人公が出会ったデミアンは不思議な物として描かれていました。とあるホームページを読んでいた時代でした。主人公が人間を描いてある、誰かに似ている、誰かに似ているといった恋人のハートを探る。そうして怒鳴りました。デミアンだと。ぼくはこういう現実で初めて経験する身震いという、鳥肌の立つような快感を覚えたのです。どうしてそのようなものが私の心の中から出て来たのか自分で頷けるハズもありませんでした。周辺に読物を返したお天道様、その陳述をしました。周辺は話しました。「すごかっただ?」こういうデミアンを貸してくれたのは女性でした。同級生でした。不思議なものですが、ぼくといった家内の距離はどしどし近くなって赴き、惹かれ合っていきました。何度か家内はぼくをホールに入れてくれました。何時間も話し込むことが多くなりました。此度思えばこういうデミアンを共用した時代から私たちの差異はなくなったも同然という、まったく昔から知っていた方同士のような関わりになりました。今は遠く離れ、接点もなくなったと言えますが、「デミアン」こういう一言で改めてこういう間を共にした時代に戻れそうな気がするのです。キレイモ 月額